So-net無料ブログ作成
検索選択

夫と子育て [子育て]

妻の職業の有無によらずに、夫が子育てにもっと協力的であったらと思う妻は多いと思う。6歳未満の子どものいる世帯の夫婦の一日の育児時間は、妻2時間29分に対して、夫は17分になっている。これは10年近く前の調査によるものだが、現在でもあまり変わらないのではないかと思う。「子育ては母親がやるもの」という文化が、日本には深く根付いているからだ。

今は景気もよくないし、夫の労働時間も長くなっていて仕事もきびしいから、育児に協力的でない夫に「少しは、子どもの面倒をみてよ」と、妻が怒ったところで、夫は自分の仕事のことだけで精一杯で、「これ以上、何をしろと言うんだ」ということで、子育てを巡って夫婦喧嘩が繰り広げられることだって十分にありえる。
それでも、妻は言いたい。「私一人の子どもではないんだから」「父親でしょ。少しは父親としての責任を果たしてよ」「せめて、休みのときくらい、ゴロゴロ寝てばかりいないで、子どもの面倒をみてよね」などなど。このように、夫の育児参加を期待する妻の比率は高いのではないかと思う。

どういう夫にせよ、子育てがうまくいかないときや、不安を感じたとき、妻が真っ先に相談に乗ってほしいのは夫だろう。
けれど、袰岩奈々さんという心理カウンセラーの本によると、妻が相談しても、夫からは「じゃあ、こうすれば」というできそうもない提案や、「おまえがもっとこうすれば」というような「問題解決モード」の反応が多くて、「相談するんじゃなかった」「なんか違う」という気分に陥ってしまうことが多いという。
妻の子育てでの悩みは感情面でのもやもや気分が中心なので、夫から「大変だね」「よくやってるね」と言ってもらうだけで、かなり元気になるのだが、夫にはそれがわからないというのだ。

これには私も全く同感だ。妻は、夫に自分の気持ちをわかってもらえれば、それだけでかなり救われるのだ。それを、「子育ては女がやるもの」とか「おまえの育て方が悪いから、子どもがおかしくなるんだ」みたいなことを言われたら、妻だって立つ瀬がない。

社会で働く夫も大変かもしれないが、子育てだって、ひとたび悩みはじめたら、それはそれでつらくて大変なのものなのだから、それを理解してくれる夫が、もっともっと増えてくれるといいなと、私は思っている。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 4

kaoru_swan

そうなんですよ。全くそのとおり。
我が家は一応、いろいろとやってはくれますが、朝は起きないし・・・で腹立たしいことだらけです。私が働いていたころも、働いていない今も、あまり変わらないような気がします。
日本の会社にも問題はあるようですね。実際、帰宅時間は超遅いし・・(ある意味早いのか・・翌日ってのも結構あるから・・・)。
by kaoru_swan (2005-06-06 11:16) 

ちいとと

kaoru swan さん、コメントありがとうございました。妻の腹立たしい気持ちって、夫にはなかなか伝わらないもんですよね。男性って、子育てに関しては特に鈍感で、想像力が働かないから、多少面倒でも、妻も気持ちを説明しないとわからない部分が多いのではないかと思います。また、夫のその鈍感さが、子育てには有効に働くこともあるようです。ご参考までに、「感じない子ども、こころを扱えない大人」という本に、腹立たしい気持ちや、つらい気持ちや、イライラしている気持ちなど、自分の中のマイナスの気持ちとも向き合ったほうが、子どもの気持ちもわかると書いてありました。
by ちいとと (2005-06-06 23:07) 

弘前

ふくまみさんのブログからおじゃましました。
ありがとうございます。読んでたら涙出てきてしまいました。
我が家ではまさにおっしゃるとおりの喧嘩が絶えませんでした。初めての子育て、不安で仕方ない、疲労もたまる。「自分は精一杯やってる、他の家庭でこんなに手伝ってる夫はいない」という夫。支えて欲しいだけなのに、夫が分かってくれないイライラをかわいいはずの子供にぶつけてしまって後悔する日々でした。
現在双子のこどもたちは6歳になり、喧嘩が絶えなかった我が家もすこし落ち着きを取り戻しました。要領がよくない自分になんで双子なんて!!とネガティブだったけど、勝手な母よりお互いが大好きな双子たち、今では双子に支えられてきたんだと思います。
「感じない子ども、こころを扱えない大人」読んでみようと思います。
by 弘前 (2005-06-24 01:27) 

ちいとと

弘前さん、コメントありがとうございます。双子の子育て、どんなに大変だったかと思います。それでも、お子さんたちは元気に育っている様子、よかったですね。やはり弘前さんががんばられた結果だと思います。本も読んでくださるとのこと、うれしいです。そんな素直な弘前さんは、ステキなお母さんだと思います。
by ちいとと (2005-06-25 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。